日本初の革新的な残土処分サービス【DANPOO】

道路で熱中症対策?遮熱性舗装のニュースって??

道路で熱中症対策?遮熱性舗装のニュースって??
暦の上では秋になりましたが、

連日暑い日が続いております。

ダンプカーのドライバーは基本的に車の中で過ごしているので

まだクーラーがありますが、
建設現場での作業は、炎天下の元、本当に大変ですよね。

熱中症には本当に気を付けて頂きたいものです。

さて、熱中症予防にもなる道路、【遮熱性舗装】の道路の研究結果が

発表されてニュースになっていますね。
研究結果を発表したのは、東京農業大学の樫村修生教授で、

昨年はマラソンコース上の「暑さ指数」を試算した研究結果なども発表されています。

一連の研究をしていて、

道路の遮熱性塗装の技術が熱中症予防に逆効果の可能性があるという結論に至ったのでしょうか?

以下、NHKニュースより抜粋です。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190809/amp/k10012028891000.html 

ーーーーーーーーーーーーーーー

東京農業大学の樫村修生教授の研究グループの研究結果によると、
「遮熱性舗装」を施した表面温度は、「通常の舗装」に比べて10度前後低くなり、これまでの国などの調査と同じような傾向でした。
しかし、高さ50センチと1メートル50センチ、それに2メートルの空間の気温を計測した結果、「遮熱性舗装」のほうが、いずれも平均の気温が高くなっていたことがわかりました。
「遮熱性舗装」の上の空間は、特に日射が強かった日には平均の気温が1.5度前後高くなり、最大で3度以上高い時間帯もあったほか、熱中症を予防するための指標となる「暑さ指数」も高くなりました。
~中略~

国土交通省は、「アスリートが実際に走って温度を低く感じたと評価されるなど、さまざまな調査を総合すると、遮熱性舗装には暑さを緩和する効果があると考えている」とコメントしています。

ーーー抜粋終わりーーーーー

新技術の遮熱性舗装、実際のところその上を歩いたら暑く感じるのでしょうか???

オリンピック選手の安全、応援する方の安全のためにも、
もっと実情に即したデータをもとに、

道路工事・建設工事の在り方を模索していきたいですね。

最後に当社のDANPOO(ダンプー)のサービスは、

道路工事の現場、建設現場などで発生する残土処分を

ダンプの最適配車により効率的に行うサービスです。

道路から出るアスファルトガラ(アスガラ)の運搬・処分も承ります。

産業廃棄物収集運搬許可書のある車両が対応いたします。

まずはお気軽に無料会員登録を

https://www.danpoo.jp

お電話でのご相談・ご質問もお気軽に

0120-546-881

日本初の革新的な残土処分サービス「DANPOO」

CTA-IMAGE 「DANPOO」を使えば煩わしい残土処理のお悩みから解放されます。無料でご利用頂けるフリープラン有り。まずはDANPOOの手軽さをお試しください!
Bitnami